虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.04.21 あなたの『休み』の定義はなんですか?

皆さんは、会社や仕事が休みの日に何をしますか?

 

 

 

食料品の買い出し、ショッピング、子供と一緒に公園に行ったりゲームをしたりする人もいるかもしれません。

 

 

もちろん、僕もそうやって休日を過ごすこともあります。

 

 

 

けれど、僕にとってのそれは『休日』ではありません。バイトや学校がある日同様『予定がある日』に変わりないのです。

 

 

たとえば、僕の今日は『休日』でした。これがどういう日なのかというと、

 

 

『自然に目が覚めるまで寝て、一日中部屋着で過ごして、家族以外の誰とも会わないで好きなことをする』日です。

 

 

今日僕が外に出たのは、洗濯物を取り込みにベランダに出た1分程度です。それ以外はずっとこたつに潜ってゲームをしたりテレビを見たりお昼寝をしたりして過ごしていました。

 

 

振り返ってみると、こんなに何も予定がない『休日』は1か月以上ぶりです。疲れも溜まるしイライラもするはずです。

 

 

 

ちなみにですが、辞書で『休日』の意味を調べてみました。

 

 

きゅうじつ【休日】

① 休みの日。業務・営業・授業などを休む日。
② 特に、国民の祝日

――出典 三省堂/大辞林 第三版

 

 

きゅう-じつ【休日】

①学校や会社で業務・授業などを行わない日。休みの日。

国民の祝日

◆「休日」は自分の申し出による休みではないので、「休日を取る」とはいわない。→休暇

――出典 大修館/明鏡国語辞典

 

 

辞書の記述によれば、ショッピングに行っていても、誰かと遊んでいても、家事をしていても、仕事や学校が休みならばそれは『休日』のようです。僕が定義する『休日』は、その中のひとつでしかないようですね。

 

 

 

皆さんがどのように休日を使うかは自由ですが、どうかリフレッシュできることをしてください。1日中寝たっていいのです。あなたの体を社会から守るのは、あなたなのですから。

 

 

それでは今日はこのあたりで。

 

 

【本日の操作】

スワップポイント合計30円

投資信託口座開設の特典で100円の入金