虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.04.26 TRPGの外部コンベンションで執事になった話。

こんにちは。今日は晴れてあったかいですね。そんな今日も雑談です。ごゆるりとお付き合い下さい。

 

 

先日、某県で開催されたTRPGコンベンションに参加してきました。

 

 

女性限定コンベンションというちょっと変わったコンベンションで、右を見ても左を見ても目の癒しでした。おっと失礼、口が滑りました。

 

 

遊んできたのは『Life goes on~人生は続く~』という、ぱぱvipさん作成のクトゥルフ神話TRPG(CoC)シナリオ。笑いあり、涙あり、発狂ありのクトゥルフらしいシナリオでした。

 

 

今回僕がやったのは執事キャラ。はじめはお嬢様キャラNPCで自演しようと思っていたのですが、お隣の方がお嬢様役をやってくださることになり無事に負担が減りました。勝手に作っておいてなんだけど助かった……

 

 

シナリオ進行中も基本的にお嬢様の意見のままについて行き、サポート役に回ってダイスを振るというとても執事らしい動き方をしていました。

 

 

しかしお嬢様の年齢は12歳、中学1年生という幼いお嬢様だったのです。

 

 

物語の真相に近づき、開示される情報。それはお嬢様には難しく理解できるものではありませんでした。

 

 

そこで執事の出番。今回は5人で遊んでいたのですが、3人には別部屋に行ってもらいお嬢様とふたりきりに。ここからお嬢様と執事のいちゃいちゃタイm……説明タイムが始まります。

 

 

シナリオの真相になってしまうので詳しくは言えませんが、明かされた内容をわかりやすく噛み砕き、お嬢様に伝えます。最初はオウム返しだったお嬢様も、次第に理解し自分の考えを執事に伝えてくれるように。

 

 

執事の服の裾をきゅっと握って伝えてくれるというサービス付きで、中の人は見事ノックダウンしました。まあその前後にもノックアウトポイントはたくさんあったんですけど。

 

 

そうしてお嬢様の意見もまとまり、最後には全員でハッピーエンドへ。キャラロストなしの素晴らしいロールでした。

 

 

僕のキャラである執事は、いちばんSAN値が削られる場面で1しか減らないという超鋼メンタルの持ち主でした。僕以外は5以上減ったのになんという幸運。

 

 

最後にはお嬢様の中の人とTwitterのアカウントを交換して、今回のシナリオだけじゃない繋がりを作ることもできました。こういうのも外部コンベンションの良いところですね。

 

 

まだまだTRPGの経験回数はさほど多くない僕ですが、今回は過去最高にRPできてようやくコツが掴めてきた気がします。これからも経験を積んでいきたいです。

 

 

――お嬢様は、正しい選択をしましたよ。

 

 

では今日はこのあたりで。

 

 

【本日の操作】

・豪ドル/円のスワップポイント32円