虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.05.03 勝手に歌って自由に喋ってるカラオケ

こんばんは。

 

 

今日は帰省してきた友人と一緒にカラオケに行ってきました。僕の周りはボカロを歌う人が多いので今回も友人はほとんどボカロを歌っていたのですが、僕はひたすらバンドリの曲を歌い続けていました。

 

 

僕たちがカラオケに行く時は、合いの手やタンバリンは一切入れません。ハモリなんてもちろんありえません。

 

 

勝手に歌って、そのあいだほかの人たちは勝手に喋る。そんな感じのカラオケです。自分が歌っていてもだいたい誰も聞いてくれませんが、誰かが歌っていてもあまりちゃんとは聞いていません。

 

 

歌うだけでなくお喋りに花を咲かせることもできるのでとても楽しく、僕たちが遊ぶときは半分以上の確率でカラオケに行きます。

 

 

ちなみに、カラオケに行ったのに全く歌わないなんていう日もあります。ひたすらお喋りをするだけのカラオケ会です。それもまた楽しいのです。

 

 

一方、付き合いでカラオケに行くということはほとんどありません。合いの手が入ったり、タンバリンを鳴らされたり、勝手に一緒に歌われたり、そういったことがとても嫌いだからです。

 

 

これから先、職場の付き合いで行く可能性はありますが、そうなったらきっと歌わないんじゃないかと思います。僕が歌っているとき以外に合いの手が入るのは別に構わないので、他の人たちの歌を聴いていようかなと思います。

 

 

タンバリンの音は苦手なので、それはできれば勘弁してほしいんですけどね。

 

 

 

もうひとつ、僕たちがカラオケに行くときは、前の曲がバラードだからとかポップな曲だからとか、周りに合わせるようなこともしません。直前が暗いボカロだろうが激しめのロック系だろうが、自分が歌いたい曲を歌いたいときに入れます。

 

 

周りの人たちが「合わせないといけないから大変」と言っているのを聞くと、はてなマークが浮かんでしまいます。好きな曲を自由に歌えないのは、せっかくカラオケに来たのに残念なことだと思います。

 

 

最近では順番に回すようになりましたが、昔は歌いたい人が何曲も連続で入れるなんてこともザラなくらい自由に歌っていました。自由なカラオケ、楽しいです。

 

 

 

皆さんはカラオケに行くとき、合いの手やタンバリンで盛り上げるタイプでしょうか?    それとも、自由に歌って喋るタイプでしょうか?

 

 

歌ってストレスが発散できるはずのカラオケでストレスを溜める、なんてことはできれば避けたいですよね。皆さんも、自分とタイプが合う人とカラオケに行けると良いと思います。

 

 

では今日はこのあたりで。

 

 

【本日の操作】

特になし