虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.05.21 スタバのエスプレッソアフォガートフラペチーノを飲んできた

こんにちは。

 

 

今日はバイト後に用事があったのですが、空き時間ができてしまったためスターバックスの新作フラペチーノである『エスプレッソアフォガートフラペチーノ』を飲んできました。相変わらず名前が長い!

 

 

実は前回のいちごの時も飲んだのですが、うっかり書くのを忘れていました。スタバ、好きなんですよね。特に新作フラペチーノはつい飲んじゃうんですよね。定期的にブログにも登場すると思います。だって新しいカテゴリーを作ったくらいだもの!

 

 

と、話が逸れました。元に戻りましょう。

 

 

店員のお姉さんに「初めてですか?」「店員にも人気なんですよ〜」などと話しかけてもらいながらの注文。僕がよく行く店舗は三ヶ所しかないのですが、そのうち二店舗ではこうやって話しかけられたことがあります。店員さんの気まぐれトークなのかもしれませんが、こうやってお話してくれる店舗は印象が良くて好きです。

 

そんなこんなしながら待つこと少し。別のお姉さんにフラペチーノを渡してもらいました。

外観はこんな感じ↓

f:id:kclockwork:20180521164148j:plain

 

フラペチーノはこう、フタがふわっとしているイメージなのですが、今回はぺったんこのフタなんですね。ちょっとびっくり。

 

 

注文をした際に「七つのこだわりがあるのでぜひ待ちながら見てみてくださいね」と渡されたコースター。裏面にこだわりが書いてあって、僕がもらったのは七番のコースターでした。

 

 

裏面はぜひ自分で見てほしいので表面だけ。めっちゃ可愛くないですか?

f:id:kclockwork:20180521170018j:plain

 

七番は飲み方。ひと口目は底のエスプレッソを飲んで、それから全体を混ぜて飲むという飲み方が書いてありました。せっかくなのでその通りに飲んでみました。

 

 

ひと口目。フラペチーノは大抵甘いのに、苦くて濃厚!(大人のフラペチーノと言うだけはあるな……)と感心しながらふた口目のために全体をぐるぐるかき混ぜます。

 

 

そしてふた口目。今度は打って変わって優しい甘さが!

かと思えばエスプレッソの苦さも残っている。苦さと甘さのハーモニーがやみつきになってしまう美味しさです。

 

 

冷たいからゆっくりとしか飲めないフラペチーノなのに、どんどん飲みすすめてしまいました。フラペチーノって、ちょっとは溶けていないと上手くストローで吸えないんですよね。その溶けている部分がなくなってしまって溶けるのを待たなければいけない勢いで飲んでしまいました。

 

 

飲み終えた感想としては「とにかく美味しい」に尽きます。コーヒーの苦さもそれなりに残っているので、コーヒーが全く飲めないという人は少しきついかもしれませんが、ミルクや砂糖を入れれば飲めるという程度の人からブラック派の人まで美味しく飲めるフラペチーノだと思います。

 

 

七つのこだわりの残り六個をひとつでも多く知りたいので、期間中にもう一回か二回はリピートしたい代物ですね。七回飲むにはちょっと金銭的な事情が……無念……

 

 

甘いからと普段はフラペチーノを避けている方にもぜひ一度飲んでみていただきたいフラペチーノです。この記事を読んで興味を持ってくださったら、ぜひ飲んでみてください。

 

 

それでは今日はこのあたりで。

 

 

【本日の操作】

特になし

 

 

P.S.コメントの返信ってどうやってやるんだろうと悩み中です。もしやPCでしかできないのか……?