虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.05.26 プラ板でMT-25

こんばんは。

 

 

今日は、とある学祭でハンドメイド作品の出店をしてきました。主催者さんに「売れたらラッキーくらいにしか人が来ない」と言われていた通り、あまりブースに来る人は多くありませんでしたが、僕が作った猫のキーホルダーが1個売れてとても嬉しかったです。

 

 

さて、そんなハンドメイドの現場に行くと創作意欲が刺激されるというもので。

最近始めたプラ板で、バイクのMT-25を作ってみました。

 

 

まずは、下絵から線画を作ります。この線画は以前描いていたので経緯は割愛しますが、バイクの線画はめちゃくちゃしんどいです。細かく描くところと簡略化するところをどうにか考えつつできた線画がこちら。

f:id:kclockwork:20180526201542j:plain

 

縦を向いてしまいました……まあ、気にしない。

 

 

次に、これを下に敷いて上にプラ板をのせ、油性ペンを使って慎重になぞっていきます。慎重に……やったはずなのですが、少しずれてしまいました。といいのはまあ良いとして。こんな感じ。

f:id:kclockwork:20180526201927j:plain

 

続いて、完成の形を想像しながら切ります。今回は細かく切るとブレーキ部分などが折れてしまいそうなので、大まかに切りました。

 

 

今回は色鉛筆を使ってプラ板に色をつけました。初めに、裏面を#600の紙やすりでやすります。このとき、やすりがかかっていない部分があると色が乗らないのでご注意を。

 

 

次に、やすりがけした粉を落とします。油性ペンでなぞっているので、水洗いして粉を落としました。そして、ひたすら色を塗ります。ぬりぬり。

 

 

塗り終わった状態がこちらです。バイクらしくなってきましたね。

f:id:kclockwork:20180526202124j:plain

 

この時点でてのひらふたつ分くらいのサイズなのですが、トースターに入れると一気に小さくなります。

 

 

穴あけパンチで丸カンやキーホルダーパーツなどがつけられる穴を開け、1000Wのトースターで約40秒。できあがったのがこちら。

f:id:kclockwork:20180526202507j:plain

 

余ったプラ板の端っこを使って葉っぱも作ってみました。色を塗った段階では黒が濃すぎるかなぁと心配していたのですが、良い感じの色が出て嬉しいです。

 

 

あとは丸カンを付けてキーホルダーパーツを取り付けたら、オリジナルのキーホルダーが完成します。プラ板、どんどん深みにハマってしまいそうです。楽しい。

 

 

僕は小学生の頃にこういうのにハマらなかったタイプなので、今更になってハマると本当に楽しいです。みなさんも童心にかえった気持ちでやってみてはいかがでしょうか?

きっと今でしかわからない楽しさがあると思います。

 

 

それでは今日はこのあたりで。

 

 

【本日の操作】

スワップポイント合計24円