虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.05.27 お気に入りのシステムベッド

今週のお題「お部屋自慢」

 

 

こんばんは。

 

 

今日は日曜日ですね。僕は早起きしてバイトに行っていましたが、皆さんはゆっくりできたでしょうか?

 

 

さて、そんな今日は今週のお題を書く日ですね。今週のお題は「お部屋自慢」、ということで、模様替えした僕の部屋を文字だけで伝えてみようと思います。

 

 

僕の部屋にはシステムベッドと言うのでしょうか、ロフトベッドと言うのでしょうか二段目がベッドで下に机があるベッドがあります。色は黒。はしごをのぼってベッドに乗ったり降りたりしなければならないため、寝ぼけて落ちてしまうんじゃないかとはらはらしています。今のところ大丈夫です。

 

 

上段がベッドということもあり、下の段は屈まないと頭をぶつけてしまう高さしかありません。何回か後頭部を殴打されています。すごく痛い。でも、秘密基地感があって机に向かうのは楽しいです。

 

 

机にはライトがついておらず、また上には布団があるため、下の段は結構暗いです。机の近くにコンセントがないため、コードが無いライトを買わないといけないのですが、まだそこまでは手をつけていません。僕は普段ほとんどの時間をリビングで過ごすため、ライトがなくてもあまり困らないからです。

 

 

ベッドには上の段から下の段までを網羅する形で?本棚がついています。うまく表現できませんが、大きな本棚があるんです。この収納がすごい。

僕は、本棚が足りなくて新しいカラーボックスの購入を検討していました。しかし、この本棚ができたことで全てが収まってくれて、新しいカラーボックスを買う必要がなくなったのです。大きい収納万歳。

 

 

ベッドがない側の壁には、天井近くまである本棚とカラーボックス、画材が入ったラックが置いてあります。これらはほとんど埋まりきっているので、本以外の物が増えるようならやはり新しいカラーボックスをを買わなければならなさそうですね。

 

 

だいたいこんな感じでしょうか。僕の部屋の一番の自慢は、やはり高いところにあるベッドですね。それによりできあがる秘密基地のような机ゾーンもお気に入りです。あまり使いませんけど。

 

 

せっかくなので、模様替え直後の部屋の写真を1枚だけ。

f:id:kclockwork:20180527183520j:plain

 

この部屋であと何年過ごすことになるかわかりませんが、大切に使いたいと思います。

 

 

それでは今日はこのあたりで。

 

 

【本日の操作】

特になし