虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.06.09 『あさがおと加瀬さん。』を観てきました

こんにちは。今日は六月九日、劇場OVAあさがおと加瀬さん。』の公開日です。本当は今日観に行く予定ではなかったのですが、入っていた予定が無くなったため急遽友人と二人で観に行くことになりました。

 

 

映画は朝一番の10:00からのものを観ました。僕は事前になんの情報も仕入れずに行ったため、入る時に特典が貰えて驚き喜びの開演前でした。

 

f:id:kclockwork:20180609171051j:plain

 

第一週の入場特典は、OVAにも原作漫画にもある「おべんとうと加瀬さん。」という回のその後の様子が描かれた漫画です。加瀬さんがすっごく可愛いです。

 

 

映画自体は三本立てで58分という決して長くはないものでしたが、短い中にふたりの可愛らしい関係性が詰まっていて大満足でした。

 

 

背景は水彩画のようなホンワカした印象。一方で人物はアニメ絵という一見人物が浮いてしまいそうな組み合わせでしたが、綺麗に馴染んでお互いの良さを引き立て合うような描画でした。

 

 

表情も、アニメ絵だからなせる原作寄りの表情ながら綺麗なアニメーションとなっていて、まるで漫画の中から飛び出してきたかのような表情の描かれ方でした。

 

 

ストーリーは原作を中心としていましたが、オリジナルに少し改変されているところもあり、初見さんも原作ファンも楽しめる内容です。付き合い始めてからのふたりが描かれているため、きゅんきゅんするシーンが盛り沢山でした。

 

 

観終わったあと、グッズ販売コーナーを見ると案の定の行列。僕たちも並んでグッズを買ってきました。

 

f:id:kclockwork:20180609172000j:plain

 

お金にあまり余裕がなかったためオリジナルサウンドトラックは買えず……けれど、パンフレットと、半券がないと買えないBlu-rayを買うことができて良かったです。

 

 

加瀬さんシリーズと呼ばれるこのシリーズは、写真からも分かる通り百合漫画です。ボーイッシュでかっこいいながらも可愛い一面もある加瀬さんと、緑化委員であまり自分に自信が無い、けれど可愛い面をたくさん持った山田の恋が、時に甘く、時にシリアスに、時にちょっとおバカに描かれています。

 

 

ぜひ興味を持ったら、読んでみてください。オススメです。

 

 

それでは今日はこのあたりで。