虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.06.21 今日は夏至

こんにちは。

 

 

先程のニュースで、今日は夏至だという話を聞きました。もうそんな季節なんですね。

 

 

夏至は、北半球では太陽が出ている時間が一年で一番長い日のこと。南半球では最も短い日のことですね。僕の地方は残念ながら曇りですが、明るい時間が長いと、なんだか活動的になりますよね。

 

 

夏至の日には、タコを食べるという風習が関西地方の一部に残っているそうです。タコの足のようにしっかりと根を張って、丈夫な作物に育つようにという願いが込められています。

 

 

その他には、愛知で「いちじくの田楽」を食べる風習、関東では「小麦を使った焼きもち」を神様にお供えする風習、奈良では「半夏生餅」や「さなぶり餅」と呼ばれるお餅を食べる風習、大阪の一部では「半夏生だんご」を食べる風習、香川では「うどん」を食べる風習、福井では「半夏生鯖」とこの時期にだけ呼ばれる鯖を食べる風習、などなどが残っている地域もあるそうです。僕が住んでいる地方もこの中にありますが、残念ながら僕のいるあたりではもう残っていないですね。

 

 

上記については、こちらのサイトを参考にさせていただきました。

sk-utorix2.com

 

調べてみると、とても面白いものですね。今でこそあまり重視されないイメージがある夏至ですが、豊作を願うとても大切な日なんだそうです。これを機に、作物への感謝の気持ちを改めて表したいですね。

 

 

それでは今日はこのあたりで。