虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.06.22 『MSPA』を受けることになりました

こんにちは。昨日、カウンセリングで『MSPA(エムスパ)』を受けてみないかという話が出ました。

 

 

MSPAとは一体なんのことでしょうか。こちらのサイトから引用すると、このように書いてあります。

 

www.kiswec.com

 

京都大学の船曳康子先生を中心に開発された、発達障害の特性の程度と要支援度の評価尺度です。
MSPAでは、発達障害の特性について、「コミュニケーション」「集団適応力」「共感性」「こだわり」「感覚」「反復運動」「粗大運動」「微細協調運動」「不注意」「多動性」「衝動性」「睡眠リズム」「学習」「言語発達歴」の項目から多面的に評価します。各項目は当事者や保護者からの生活歴の聴取を通して評価し、各項目での結果を特性チャートにまとめることで、発達障害の特性や支援が必要なポイントを視覚的にとらえられるようになっています。
 また、2016年4月1日より保険収載(D285 3)となり、今後医療、療育への活用が期待されます。

 

僕も実際に見せてもらいましたが、特性をチャートにまとめることで多角形を作り、視覚的に得意不得意の判断ができるようなものになっていました。

 

 

事前に家または病院で、身近な人、もしくは本人が事前アンケートに答え、さらに臨床心理士さんと対話する形で質問に答えるといった流れです。

 

 

昨日もらった事前アンケートには、首が座った時期やけんけんができるようになった時期、言葉が出るようになった時期などの質問から、表情が変わりにくいと思うかや手先が器用かなどといったことまで、たくさんの質問が書かれていました。

 

 

僕は、母と父にこれを書いてもらうことにしました。昨日早速書いてくれた母は、うんうん唸りながら埋めていました。本人以外にわからないような質問もあったので仕方ないですね……

 

 

引用内にも書いてありますが、2016年に保険適用になった比較的新しい検査で、一回しか受けられない検査だそうです。どんな結果が出るのか少し不安もありますが楽しみの方が大きく、再来週を心待ちにしています。

 

 

これを書きつつ家に戻ってきたら、庭の植木鉢にひまわりが咲いていました。もうそんな時期ですね。

 

f:id:kclockwork:20180622150837j:plain

 

 ひまわりを見てなんだか元気が出たので、バイトで疲れていますが今日はお昼寝せず頑張ろうと思います。

 

 

それでは今日はこのあたりで。