虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.06.28 あさがおと加瀬さん。の魅力

お題「最近見た映画」

 

 

こんにちは。お題スロットを回してみたら『最近見た映画』と出てきたので、改めて『あさがおと加瀬さん。』について語ろうと思います。

 

 

過去に書いた記事はこちら。

 

www.kokiclockwork.work

 

 

こちらの記事にも書いてある通り、まずはアニメーションの表現方法が素晴らしいです。

 

 

加瀬さんシリーズは、全体としてほのぼのラブコメディといったジャンルの本が原作なのですが、その『ほのぼの』を最大限に表せる水彩タッチの背景。一方で、はっきりしたアニメタッチの人物。それらを組み合わせて違和感のない色の使い方。すべてが最高でした。

 

 

アニメタッチにすることで人物の表情も豊かにかつ原作寄りに描かれていて、原作ファンとしては嬉しさ二倍の表現方法です。

 

 

次に、原作では一巻まるまる使って描かれている、付き合うまでの過程をあえて全カットする潔さ。

 

 

前回の記事にも書いたのですが、今回の映画はOVAということでわずか五十八分のアニメーションです。付き合うまでの過程を描いていたら、山田と加瀬さんの魅力を出し切ることはできなかったのではないでしょうか。付き合い始めてからの彼女たちを存分に描くことで、とてつもない胸キュンを実現できたのだと思います。

 

 

続いて、『加瀬さんシリーズ』そのものの魅力なのですが、百合マンガというよりは『少女マンガ』に近いということが魅力の一つだと思います。Twitterで多く見た意見として、『加瀬さんは童貞』というものがあります。よくわかります。なんというか、童貞としか表現のしようがない言動がたくさんあるのです。言葉があまり良くないのですが、もちろん、悪い意味ではありませんよ。

 

 

イケメンでクラス内外から人気がある加瀬さん。でも童貞。そこのギャップがたまらないのです。

 

 

まだまだ加瀬さんシリーズの魅力はたくさんあるのですが、悲しいかな語彙力があまりないため書ききることができません。ぜひ映画を見て、あわよくば原作にハマってくださると嬉しいです。

 

 

それでは今日はこのあたりで。

 

 

加瀬さんシリーズ第一巻です。