虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.07.13 お酒のレビュー。3 -梅想い編-

こんにちは。

 

 

先々週と今週との二回に分けて、友人宅で僕が持ち込んだお酒を飲んでいました。以前旅行先で買ったお酒です。

 

f:id:kclockwork:20180713131935j:plain

 

半分くらい飲んでから写真を撮ったので色が薄くなっていますが……

 

 

京都限定生産の梅想いという原酒です。日本酒に梅を漬けて作ったお酒で、アルコール濃度は21度、少し濃度高めのお酒です。

 

 

飲んでみた感想としては、「ロックがすごく美味しいお酒」だという感じです。水割りとロックの二通りで飲んだのですが、水割りをするとせっかくの味が薄まってしまってもったいないと思いました。

 

 

濃度が高いのでロックが飲めないという人にはあまりおすすめできないかもしれませんが、ちまちまとでもロックで飲めるのならぜひ飲んでみてほしいです。すっごく

美味しいです。

 

 

値段は720mlで2500円+税と少しお高めではあるのですが、手が出せない値段では決してありませんし、この値段でこれだけの味なら大満足どころではないくらい美味しいです。

 

 

友人はお酒が好きなのですが、その友人の『美味しい』もいただけたので間違いはないと思います。

 

 

……まあ、眠たいときに飲んでしまって人生で初めて潰れてしまったのも良い思い出ですね。アルコール濃度が高いということをすっかり忘れて飲めるくらい美味しいお酒だったという言い訳をしておこうと思います。

 

 

公式サイトはこちら。

 

株式会社山本本家の商品紹介 » 神聖 リキュールシリーズ

 

 

京都で見かけた際には、ぜひ一度買って飲んでみてください。後悔はしないと思います。

 

 

それでは今日はこのあたりで。