虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.08.11 足の間に、ねこ

こんにちは。

 

 

タイトルのままです。足の間に猫が挟まっています。

何の記事を書こうか悩みながらソファに寝ていたところ、足の間に猫が挟まってきました。

 

f:id:kclockwork:20180811112200j:plain

 

 

手を伸ばして、隙間にみっちり収まっています。可愛い。

 

 

猫って狭いところが好きですよね。僕も狭いところが好きなのですが、やはり僕と同じで安心できるからなんでしょうか。

うちのにゃんの顔を見ていると、確かに安心しきっているように見えますが…… 笑

 

 

一度でいいから、猫と同じように一日を過ごしてみたいです。猫は自分が安心できる場所、涼しい場所、暖かい場所を知っています。そんな猫と同じように過ごせば、快適な場所がどこなのか共有できる気がするのです。

 

 

まあ、人の足の間はさすがに無理ですが……でも似たような狭いところに入るのはアリですよね。

 

 

そんなこんなで、猫の生活に憧れるというだけの日記でした。これからうちのにゃんと戯れたいと思います。

 

 

それでは今日はこのあたりで。