虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

2018.08.19 南條さんのサイン会に行ってきましたレポ

こんにちは。

 

 

今週のお題が更新されていないようなので、今日行ってきた南條さんのサイン会のことについて書きたいと思います。こちらの記事に書いたサイン会ですね。

 

www.kokiclockwork.work

 

 

サイン会のキャパシティは192人、うち6人ほどが欠席だったようで、全部で186人が参加していました。

 

 

これだけでもかなりの倍率だったことはわかると思いますが、今回当たったのは本当にラッキーだったような気がしますね……

 

 

それでは、サイン会のレポです。

 

 

後ろから2列目、この時点で手が震えている件。

 

南條さん登場。見えない。


「こんにちはー……エコーが 笑」


「楽しんでいってもらえればと思います、エコー…… 笑」


マイクのエコーがえぐかったんですよ。

 

私は7列目だったのですが、7列目の8番だったので列が呼ばれてからが早い。

 

目の前に笑顔の南條さん。ボタニカル柄?と言って正しいのか不明な花柄タンクトップに山吹色のカーディガン。可愛い。

 

「紺稀さん、ありがとうございます」

 

「あの…私今年大学中退するんですけど、」

 

「あー、そうなんですか?」(めっちゃ優しい)

 

「やりたいことやるためにもう1回受験するので(この時点で書き終わってて目見て話聞いてくれてる)、頑張れって言ってもらえませんか」

 

「がんばってくださいー」(優しい)

 

「ありがとうございます…!」


「ツアー楽しみにしてます!」

 

「ありがとうございます〜」


両手ふりふり

 

 

……と、こんな感じでした。時間にして20秒程度、ほとんど一方的に喋っているだけだったのですが、うんうん頷いて聞いてくれて、目を合わせてくれて、しかも上目遣いで、すっごく充実した時間でした。

 

 

昨年もアルバム発売記念のサイン会は当たっていたのですが、昨年はほとんど話せなかったので大成長です。レポをまともに書く余裕もあるあたり、今年は一体どうしたんでしょうという感じですね……

 

 

でも、落ち着いているようで動揺しているらしく、言葉が出てきません。仕方ないので、この記事はこのあたりにしておこうと思います。楽しかったこと、南條さんが可愛いことと優しいことが伝わればと思います。

 

 

それでは今日はこのあたりで。