虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

FF14・サスタシャ侵食洞について-DPS-

こんにちは。

 

 

最近僕がやっているゲームFF14、その最初のボスとも言えるダンジョンが『サスタシャ』です。 メインクエストを進めて、かつレベル15以上になると『4人パーティでダンジョンを攻略してくる』という課題が出されます。それがサスタシャ。

 

 

いきなり行ってこいと言われても怖いと思うので、というか実際自分が怖くて、解放されてから行くまでに3日かかりました。3日かかった上に、友人2人につれていってもらってやっと、でした。そんな人の恐怖を少しでも和らげられたらと思い、この記事を書いています。

 

 

今回は、タイトルにもあるとおりDPSの立ち回りを書いていきます。

 

 

まず最初、ダンジョンに入ったら挨拶をしましょう。キーボードを使うか、あらかじめ挨拶マクロを作ってホットバーにセットしておくと良いと思います。僕はホットバーに『よろしくお願いします!』と『お疲れ様でした〜』とマクロをセットしています。

 

 

マクロはシステムメニュー→マクロ管理から管理できます。マクロ名を設定して、マクロ本体の中に『よろしくお願いします!』と打ち込んで、ホットバーに登録。あらかじめパーティ発言になるようにチャットを「Party」に変えておきましょう。あとは、マクロを使えばパーティに『よろしくお願いします!』と発言されます。

 

 

よくわからなければ直接打ち込めば良いと思いますが、最初に挑戦するときは必ずムービーが再生されるので、その時間を考えるとマクロを作って一発で挨拶できた方が楽だと個人的には思います。

 

 

もちらんムービーは飛ばすこともできるのですが、初めてのダンジョンでの初めてのムービー、飛ばすのはもったいないと思います。あとから宿で見ることができるという問題ではなく、その一時を大切にした方が良いと、僕は思います。

 

 

ちなみに、一度見たムービーを飛ばす方法があります。システムメニュー→キャラクターコンフィグ→全般にある『一度見たコンテンツ内のムービーをスキップする』『一度見た乗り物の移動カットシーンをスキップする』『ハウジング関連のカットシーンをスキップする』の三項目です。一番上だけ設定しておけば、コンテンツ内のムービーはカットされるので、残りはお好みでどうぞ。

 

 

さて、話が逸れました。初めて入ってムービーを見たら、挨拶をします。そしたら、タンクさんが先導して行ってくれるので、ついて行きましょう。

 

 

基本的には、タンクさんが攻撃している敵を攻撃しましょう。一度に二体か三体の敵を相手することがほとんどなので、タンクさんがどの敵を攻撃しているか見ながら攻撃していきます。

 

 

進んでいくと、まっすぐと右で別れているところがあります。まっすぐ進むと行き止まりなのですが、そこにはメモが落ちています。メモの最後の行に書いてある『色』、これが後ほどのギミック解除に必要になります。メモは、分かれ道の間にいる敵を倒している間にDPSのどちらかもしくはヒーラーさん……が行くのは得策ではないかもしれませんが、タンク以外の人が見に行くと効率が良いです。まあ、初めて行く時はとりあえず攻撃する側に回りましょう。下手に単独行動して嫌な顔をされたらやる気がなくなってしまいますからね。というか、僕はギミックを知っていても取りに行くのは怖くてできなかったのです。

 

 

メモを読んだら、パーティチャットに色を書いておきましょう。そうすることで忘れずに済みますし、ほかのパーティメンバーがギミックを解除することもできるようになります。

 

 

敵を倒しつつしばらく道なりに進んでいくと、火の玉の貝が敵として出てきます。このとき、貝の口が開いたら一気に貝を攻撃します。貝が生きている限り、火の玉が無限に増殖してしまいます。

 

 

火の玉は個体数が多いわりに強くないので、範囲攻撃を使える職だったら範囲攻撃で一掃してしまうのも手です。僕は弓術士が最初の職だったので、範囲攻撃も使いつつ敵を倒していきました。

ちなみにですが、範囲攻撃のダメージ量によってはタゲが飛んでくる可能性もありますので、ご利用は計画的に。

 

 

そうして敵を倒していくと、三色のサンゴがある部屋に行き着きます。ここで先程のメモの『色』の出番です。正解の色を選ぶと隠し扉が出現、間違ったサンゴを選ぶと毒状態になる上に敵が出現します。メモにあった色のサンゴを選びましょう。

 

 

隠し扉を開けると敵が待ち受けています。ここでは紫色の線が地面に引かれていると思うのですが、これは『強い敵がいますよ』の合図です。戦闘開始から15秒経つとここが閉まってしまうので、ちゃんと全員入りましょうね。タンクさんがタゲをとって戦闘が開始するので、頑張って倒しましょう。

これは友人から聞いた話なのですが、敵の真後ろから攻撃するとダメージ量が上がるそうです。後ろに回ることを覚えると良いかもしれません。

 

 

敵を倒すと宝箱が出ます、これはロットを行う必要がある宝箱です。ロットは、マウスを使っている場合はマウスで『戦利品』を選択するとロット画面が出てくるので『Need(必要)』『Greed(誰もいらないなら欲しい)』『Pass(不要)』から選んで押しましょう。最初からロット画面が出る場合は三つから選ぶだけです。

 

 

進んでいくと、船長との戦いが始まります。ここでは先に部下達を倒してから、船長を倒す流れになります。船長は体力が50%まで減ると逃げていくので、そこまで減らしましょう。

 

 

次に出てくる敵を倒すと船長室の鍵が手に入ります。これをしっかり取っておきましょう。

ちなみに、船長室の鍵をドロップする敵がいる部屋には小部屋が三つあるのですが、宝箱があるので誰かが寄り道するようならついて行って宝箱を開けましょう。

 

 

船長室の扉を開けて敵と戦います。ここでも鍵をドロップするので取りましょう。

鍵を開けて先に進むと、船長との二回目のバトルです。ここでも部下たちから倒していきます。

ここでは途中で犬の増援があります。また、船長はHPが20%になると逃げていきます。

 

 

先に進んでいくと、再びムービーが入ります。これを見たら、紫色の線の中に入ります。いよいよラスボスです。

ここでは、まずはボスを攻撃します。すると途中で怪しい水面が泡立ち始めます。そこを調べずに放置しておくと敵が出現してしまうので、DPSとヒーラーで調べに行きます。この水面の泡立ち、最終的には四箇所全部になるので頑張って走りましょう。

近接DPSの場合、リミットブレイクを使うと単体に大ダメージを与えられるので、ゲージが溜まったら使うと良いでしょう。

 

 

そうして敵を倒したら、今度は終わりの挨拶をしましょう。ありがとうございましたでも、お疲れ様でしたでも良いです。マクロを組んでいたらそれを出しても良いです。

 

 

以上、流れはこんな感じです。文字だらけで実際どんな感じなのかはわからないかもしれませんが、サスタシャで動画を調べてみるとこんな感じの動画が出てきます。動画の補助的な役割として使ってもらえれば幸いです。

 

 

初めてのダンジョンで困りそうなことを片っ端から書き出してみたので話があっちこっちいってしまっていますが、少しでもお役に立てればと思います。

 

 

ちなみにのちなみにですが、この記事を書いている僕はまだ弓術士レベル25が一番レベルが高い職ですし、サスタシャは一回しか行ったことがありませんので、本当に軽い参考程度にしていただければと思いますので!

 

 

それでは今日はこのあたりで。