虹色の毎日を求めた猫の物語

平凡な日常時々FX

私と病気と。

こんばんは。今日は心療内科に行ってきました。今日はカウンセリングはなく、診察だけでした。

 

 

 

まずは用事があると眠れなくなる話を。夜寝る前の薬を毎日増やすかどうかの話をして、予定があって眠れないときだけ、寝る前に飲んでいる薬を半錠から1錠に増やすことにしました。

 

 

次に調子がどうかの話。最近は調子が良くなっていたのでまあまあ良いと話したところ、良くなってるね〜と言われました。やっぱりわかるものなのでしょうか。

 

 

最後に、結局のところ僕には何も診断名はつかないのかという話をしました。「気分の波があるから双極のⅡ型とは言えるね〜」と言われました。発達障害は、実際に社会で困っている人につく障害の名前なので、そのしっぽは掴めてないから発達障害だとは言えないとも言われました。ただ、そうじゃないとも言えないと。なるほど……

 

 

何も診断名がついていないのにエビリファイを7mg(正確にはアリピプラゾール6mgとエビリファイ1mg)、さらにラモトリギンまで飲んでいて、それでも何の病名もつかないのは少ししんどいなぁと思っていたので、診断名がついてほっとしました。診断を受けたからといって何かするわけでは無いですが、自分にも他人にも説明がつきやすくなったのはとても良いことだと思います。

 

 

これからは双極性障害Ⅱ型の寛解に向けて、という明確な目標を持って薬を飲むことができます。少しずつでも頑張っていきたいと思います。まずはこの4月5月をできるだけ元気に乗り切ること!

頑張ります。

 

 

それでは今日はこのあたりで。